ばかなこと、なんてない

若気の至りだと笑うその傷は、必死にもがいた過去の証

かるり(藤華るり)

青春 完結
59分 (34,964文字)

5 14

あらすじ

ばかなことしたねえ、と看護師さんが言った。 彼女の手首に残った四本の瘢痕。自ら傷をつけたのは十六歳の頃だった。 十六歳を思い出すとき、いちばんに浮かぶのはオリちゃんのこと。 目に見えるこの傷は「ばかな

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

少女の戦い。そして祈り

学校は他者のための場所であり、自分のためのものではない。何となく、読み進めながらそんなことを考えていました。主人公とオリちゃんは幸せになれたのでしょうか。少女たちの静かな戦いを「ばかなことをした」と断
ネタバレあり

この作者の作品

もっと見る