このページのリンクアドレス

エブリスタ
天ノ狗《アメノキツネ》

小説 現代ファンタジー

天ノ狗《アメノキツネ》

芳納 珪

私がリョウくんを守ってみせる。シリアス伝奇ファンタジー!

連載中

177ページ

更新:2018/01/20

コメント:2017.01.11 ジャンルを「ファンタジー」から「現代ファンタジー」に変更しました。

説明

 稲荷神社が実家の倭加宮マキは、幼いころに境内で出会った氷碕リョウと14年ぶりに再会する。養父を亡くしたばかりのリョウは、後見人の橘に不信を抱き、マキを頼るようになる。彼を襲った〈狗《きつね》〉とは? マキとリョウの絆とは…

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント