このページのリンクアドレス

エブリスタ
薬袋ケミステリー

小説 ミステリー

薬袋ケミステリー

夏海つばさ

天才女化学者と刑事が事件を解決する。

連載中

70ページ

更新:2018/09/21

コメント:第4章の文章を微修正しました。第5章『ABC』鋭意作成中です!

説明

※ミステリー新作ランキング【1位】2018/3/22~2018/3/27


古民家レストランで、事件が起きた。


食べ物の中に何かが混入されていた。口内に広がる激痛に、女性は急遽、病院に搬送された。


一方で、薬袋未知子(みないみちこ)は雑居房にいた。そこに、とある刑事がやってくる。


「折り入って、相談したいことがあるんです」


この相談から、薬袋と刑事は奇妙な縁に導かれ、ある化学犯罪に立ち向かっていくことになる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夏海つばささんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません