みなさまにもぜひ読んでほしい、お気に入りの作品たち
個人的に読んでいる/読んだ、おススメの珠玉作品の数々
0PV

作品 9作品

藤宮彩貴
幕末を生きる少女・さくらちゃんの波乱な日々。でも彼女にとっては大切な日常。途中から、あれ……こんな作品、私書いたっけ……と思うほど、個人的には寄り添っています。現在、すっかりおとなに成長した彼女。剣術
藤宮彩貴
私がだいすきな平安時代を舞台にされている、神作品。史実をベースとしながらも、幻想的な雰囲気。夢か現か、さてさて。登場人物が個性的で、更新のたびに毎回どきどきします。小道具の使い方や言動も印象深くて巧み
藤宮彩貴
めちゃ好き! 麻衣ちゃんかわいい! 恋のはじまる瞬間と、お仕事描写が絶妙なバランスを保っています。描かれている風景もうつくしく、これは映像化すべき作品だと信じています。読み応えありますので、まじで期待
藤宮彩貴
沖田総司といえば、刀の手練れで人をばっさばっさ斬る……先行作品の影響のせいか、飄々としていて冗談好きな明るい若者……みたいなイメージですが、こちらの沖田さんはとってもやさしい御方です。でも、『斬った』
卯月さん作品があるので、私はしばらく現代ファンタジー京都部門は書きません、いや書けません。この、密に入った京都感。そして愛らしいこと限りなし。京都好きな方へ、オススメしたいです。
藤宮彩貴
終始せつなーいですが、情感たっぷり。新選組後半の沖田総司は、定番ですが例の病と戦う展開。刀一本で生きていたのに、それを振るえなくなったとき、沖田は絶望したでしょう。けれど、彼には支えてくれる人がいた。
藤宮彩貴
ほんとうまい。まじうまい。苦しいのに、怖いのに、先へ先へと読み進めてしまう圧倒的な筆致。妄想コンテスト用という決して多くはない文字数と、お題縛りのある中で、これだけ表現できるってことを知りました。こち