―Far away brilliance―燦然の彼方に[Ⅲ]

FAB【詠いの篇】『見つめている――あの輝きの終わりを』

夢猫

15時間25分 (554,456文字)

2,071 1,787

あらすじ

【詠いの篇】 ――黒き髪をぞ靡かせる。 その者、白羽を抱きて白銀の大地を行かん。 創生と有限なる歴史。 種族の祖、生誕の意味、必然の犠牲と、そして相容れない理由。 愚かしさが加熱する、意義を

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品