死舞人閻魔帳

田嶋主計シリーズ・第四作目

小松平朝臣

歴史・時代 完結 過激表現
11時間22分 (408,877文字)

45 25

あらすじ

 時は寛政年間。  徳川十一代将軍、家斉公の治世。  老中の松平越中守定信が制定した改革の余波により、武士が武士らしい世を目指す中。  他人の命を自らの糧に、法の網を潜り抜けて憚らない者が

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る