屍置人人別控

終わりの見えぬドブ浚い

小松平朝臣

歴史・時代 完結 過激表現
21時間40分 (779,649文字)

75 37

あらすじ

 時は、文化・文政年間。  人の悲鳴にさえ耳を貸さぬ畜生を屠る、人に非ざる者達が居た。  それが、屍置人である。 ※注意  この物語は話の性質上、エログロ。  及び、残酷描写が入り

タグ

感想・レビュー 1

54ページ、文章がダブってます

この作者の作品

もっと見る