屍掛人写本控

再び紡がれる金尽くの物語

小松平朝臣

歴史・時代 完結 過激表現
16時間21分 (588,521文字)

66 21

あらすじ

 時は文化年間。  十一代将軍家斉の治世。  闇の御前を契機に結成された仕置人とは別に、法の網を潜り抜けて左団扇の悪党どもを金づくで屠る者達が現れた。  それが、屍掛人達である。 ※注

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る