ひとりぼっちの木

ずっとひとりぼっちで一生を送って来た木は・・・

MAkIKO KITA

4分 (2,296文字)

9 204

あらすじ

誰も本当にひとりぼっちなんかじゃないと、気付いた時生きることの大切さがわかる。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

読ませていただきました なんとも言えない迫力がありました。 ずしんずしんと、体に響いていく。 読んでいて 少し怖い位でした。 考えさせられる物語でした。 素敵なお話、ありがとうございます
1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る