カナリアの歌

とても歌の上手なカナリアがいました。

MAkIKO KITA

8分 (4,393文字)

23 442

あらすじ

自分にしか歌えない歌ってなんだろう? 表紙と22ベージの挿し絵は風合瀬さんに描いていただきました。ちょっと小さくて原画の良さが、完全に伝わらないかもしれません。リンクを貼っておきますので、元の絵の細

シリーズタグ

感想・レビュー 2

お久しぶりです。私のことは覚えてらっしゃるでしょうか?おそらく覚えていないと推測します(笑) この作品、とても素敵ですね。私自身、カナリアなどの鳥類が好きなので、カナリアちゃんに思い切り感情移入して
1件
素敵な小説ですね。なにか 最近にはなかった 「幸せ」を感じました。 「歌を忘れたカナリア」という 唄がありますが、それとは違った感動を頂きました。 有難う!!  (^0^)
1件

この作者の作品

もっと見る