一本の木の話

大切なものにはなかなか気づかない

MAkIKO KITA

4分 (1,879文字)

10 250

あらすじ

美しい丘の上のぶかっこうな木。子供達はその木が大好きでしたが・・・

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

童話というスタイルのなかで、 「孤独」なたましいの行き場を描き出そうとしている。 『花と木の物語』という連作は、そんな作品だと思います。 あるものは、行き場を見つけたり。 あるものは、行き場をなくし
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る