闇の舟は光の空を渡って

能力バトルファンタジー

多数存在

SF 休載中
1時間23分 (49,284文字)

44 816

あらすじ

オレたちの声が聞こえたのかミウがちらりと振り向いた。 遠目でよくわからなかったが、その口元が微笑みの形を作ったような気がした。 それからこちらに向かって駆けてくる。 「後はお願い」 少し前で

感想・レビュー 1

作者様の武器であるスピード感がふんだんに活かされた作品です。超能力バトルというジャンルであると同時に格闘の描写も的確で、様々な知識に裏付けされていることがうかがえます。 ところどころ仕込まれたネタ(
2件

この作者の作品

もっと見る