冥府へ至る玉座に想う

それは、世界に飽いたお姫様のお話

緋色

4分 (1,949文字)

7 8

あらすじ

世界に飽いたお姫様 彼女が至るは冥府の玉座 彼女は今、何を望む ――――――――――――――――――― 文令様のイベント 紅い月の展覧会/_event_view?e=118113 にて

シリーズタグ

感想・レビュー 1

イラストの雰囲気に合った素敵な短編でした。体言止めの多用や余白の使い方が詩文のような演出をしていてお洒落です。 良く言えば文学的、悪く言えば筋のよくわからない不思議な物語でしたね。 夢の一幕のよう
ネタバレあり
2件

この作者の作品