風の点描

短歌の練習帳

なお

18分 (10,583文字)

57 1.3万

あらすじ

文字数の制約がある中で、 表現力を磨きたい そんな思いで書き始めました たまに独り言呟いたりもしたいので短歌の投稿欄ではなく、一冊の本の形式にしてみました 感想や返歌を頂けたら嬉しいです

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 6

私は短歌の知識はまるっきりありません。( ̄¬ ̄) 著者様は著しく真っ当な人物でしょう。私の周りにはおりません。( ̄^ ̄) にしても、 なして、このような美しい言葉が紡がれるのでしょう。Ψ( ̄∇ ̄)
ネタバレあり
見え隠れ に あきの来て 空の高さはいかばかり 風やみ待たる わが昼下がり 飽きたなんて言われたらどうしたらいいのか笑 >こっちは以前のレビューです 静けさに宿る光や
3件
なんて切ない花火でしょう。しばらく余韻に浸っていたいような短歌ですね。 最初と最後の短歌が全体を引き締めて、尚感傷を深めます。 うらやましいです。 素敵な作品ありがとう。
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る