1~稲穂は黄昏に揺れて~

この無意味な人生に一つでも意味が付けられたなら存在証明になるのだろうか。

173 560

5時間11分 (186,297文字)

あらすじ

存在証明のアポトーシスシリーズ 1章:稲穂は黄昏に揺れて 2章:/_novel_view?w=23649913月光は夜闇を照らす 3章:[link:novel_view?w=23961532

感想・レビュー 2

神作!!! ドツボにはまりました。 生と死という小説界ではよく見るけれど表現の難しいテーマを、作者さんの独特の世界で書き上げている!最高です。 主人公の視点も笑いを誘いますが、この小説の最も魅力的なと
この舞台装置をこれからどんな風にいかしていくのか。期待の意味を込めて☆4です。

その他情報

公開日 2014/11/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る