特集

『初体験販売所』

現在と、過去と、そしてまだ見ぬ未来の中に、人は生きている。

優輝

SF 完結
55分 (32,799文字)

98 191

あらすじ

その夏、少年と父は初めて2人で旅に出かけた。 と言っても、行先は父の実家、田んぼと畑以外に何もない田舎である。 16歳になった息子に、父は自分が同じ歳であった『あの夏』の思い出話を始める。 「何もな

感想・レビュー 5

読後感が尋常では無い本格短編小説。 様々な初体験を売るあのお店が、沢山の人の人生を変えて行く言いようの無い不思議な物語でした。父親となった彼が息子を連れて故郷へ帰り、何十年も会って無かった兄貴分を再開
ネタバレあり
1件3件
一気読みしました。 凄く面白かったです。 僕も父親・息子・悟と同じく『初体験販売所』に猥褻な妄想をしていましたが、裏切られました。いい意味で。 とくに電車の事故を見せるところ。途中で想像できまし
ネタバレあり
1件1件
読むの2回目なんで レビューにはなりませんかも💦。 素直に二度読みした方が 面白いと思った作品でした。 結末を知っている分 ワクワク感はないですが その分、読みやすく自然に 文章が頭に馴染みました
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る