色無き王と赤の魔女

パンツじゃないから恥ずかしくない……のか?

好日

4時間31分 (162,060文字)

4,590 303

あらすじ

次巻/_novel_view?w=23072738 魔法とは人の欲望で世界を染め上げる力だ。 しかしそれを扱える者はごく少数で脅威に立ち向かうには足りなかった。 だから、古代の魔法使いた

シリーズタグ

感想・レビュー 4

いろいろ感想はあるけど まず一言 面白かった!! 個性的なキャラ、そのキャラを支える能力 そして世界観 よく考えられてると思います。 ライトノベルを意識した読みやすい文体。 しかし、王道
1件
月並みになってしまいますが、とにかく面白かったです。 個性的でいきいきとしたキャラ、確かな世界観、笑いも感動も有り、そしてそれらに負けない作者さまの文章力。一人称の利点をとにかく引き出しているなぁと感
1件
新鮮かつ独創的な展開と構成に色魔法。魅力的なキャラ達に、王冠を乗っけているビジュアル的にもチャーミングな主人公。全部がもう、凄く良いです(*^^*) 他にはない、この小説だからこその面白さと楽
1件
もっと見る

この作者の作品