JET BLUE

青い空が哀しいから学校を止して旅に出た。

文令

青春 完結
4分 (2,065文字)

5 32

あらすじ

JET BLUE. 僕のなかを景色が過ぎていった ただ遠くへ行きたかった

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

最初に読んだ時に、「嗚呼!」と胸を打たれ、そしてレビューを書きたいと思ったのだけれど、中々その感情を言葉に表すことができませんでした。 おそらく多くの人が共感できる感覚であると同時に、そこから抱く
ネタバレあり
青空の哀しさにheartbreakしたというのは、高校生が夏に自転車で旅するのに十分な理由であろう。 空がますます青くなるにつれ、僕はどんどん遠くへ走っていく。目的地も終着点もはっきりと示されないため
ネタバレあり
1件
夏の匂いがする作品。 個人的には、生まれて始めて学校をサボることを決意し、失敗した朝を思い出しました。 あのまま学校をサボっていたら、こんな1日もあったのかもしれない。
1件

この作者の作品

もっと見る