ピアノの下で眠る彼女

「もう……やめてあげられないよ?」そう言った僕に、彼女は赤く染めた顔で頷いた。

あおと

恋愛 完結 過激表現
38分 (22,764文字)

212 112

あらすじ

「どうした? なんか元気ないね」 いつもと様子が違う。 僕は手を止めて、膝の上の明里に触れる。 彼女は、ひどく熱を持っていた。 ーーーーーーーーーー あたしを縛る甘い鎖 の、

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません