わたしのペットは土方歳三

コトノのペット土方歳三が過去の剣豪と対決する! 新視点で送る土方歳三剣劇。

109 2,255

ジャンル未設定 完結 過激表現
2時間34分 (92,090文字)

あらすじ

コトノのオナペットとして現代に現れた『新選組』の土方歳三。 歳三と共に暮らすコトノは、やがて日本を揺るがす未曾有の闘いに巻き込まれていく。 日本の明日を懸けて今闘う刻- 土方歳三、沖田総司、中沢

感想・レビュー 4

タイトルにだまされてはいけません。ラブロマンスとともに描かれているのは、いえ、おそらく、この物語のテーマは、「漢(おとこ)」です。スタイリッシュに描かれた強敵との激闘。とにかく、クールな土方がカッコよ
設定、おもしろいっ^^ 過去に読んだ丹一様の作風とは異なり、しかし、それが違和感ではなく、なおかつ脳が次のページを求め、気づけばニヤリとしていた私・・・ 文章が映像に変換されて頭の中に広がる感覚があり
丹一作品を初めて目にする方は驚かれるだろう。 まさかの世界観、まさかの展開。 そして必殺技の応酬と チラリズム モロリズム ポロリズム 土方さんを新解釈で描くこの作品。 腐歴女じゃなくとも楽しめ
もっと見る

その他情報

公開日 2014/1/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る