河怪之事

根岸肥前守鍖衛「耳袋」の中から短編を現代文に訳しました。

PIAS

ホラー 完結
3分 (1,507文字)

20 72

あらすじ

江戸の世界で起こった、不思議な出来事などを綴った、名奉行・根岸肥前守鎮衛の随筆「耳袋」を元にしたフィクションです

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

怪異とは、知らず知らずの内に這い寄る蜘蛛や蛇の様なものだ。 こう何かの感想として言った事が昔にありますがこの話はまさにその様な、静かに、されど確実に迫ってくるゾッとしてしまう話ですね。 目の前
ネタバレあり
江戸時代のホラー、そのものに触れる機会をありがとうございました。 淡々と語られるものなんですね。 原作を解釈する力がないので、これは得した気分です。 怪異とは、古くから人々を魅了する力があったんで
ネタバレあり
耳袋の中には怖いのも怖くないのもありますが、これは怖いです 携帯小説なら、もっと意訳しても良いかなとも思うのですが、この耳袋の雰囲気を壊さない淡々とした文章も良いと思います。 何が怖いって、水辺か
ネタバレあり
もっと見る

この作者の作品