詠い人の集い 2014 『秋』

「秋が落ちてきたのでしょう」

桜月 玖藍(おうづき くらん)

2分 (1,122文字)

11 39

あらすじ

詠い人の集い 2014秋/_event_view?e=137879 参加作品。 主催者*櫻花葵[link:crea_u?c=U2FsdGVkX18xXOTc5MDkyNlbQKrCxXJZ

タグ

感想・レビュー 9

冷たい風はとても寒く、身動き取れない僕の温かさまで拐っていく。紅葉ですら自由に飛び回る事が出来るのに。秋は寂しくて...。そんな僕の寂しい気持ちがよく伝わりました♪ だけど、秋が落ちてきたのでしょう
ネタバレあり
1件
秋風が通り抜けていくような、物静かだけれど存在感のある世界に入り込むことが出来ました 切なさや物悲しさが、強く主張するのではなく、語りかけてくる印象をうけ、このような伝え方もあるのだと自身の気づきに
ネタバレあり
1件
作者独特の語り口から紡がれる、もの悲しくも、美しい秋の世界に引き込まれました。 秋は、どことなく、感傷的な気分になってしまいますね。そのアンニュイな秋の風が、ときに強く、ときに柔らかく、吹き込んでい
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る