コバルトブルーの野鼠

7人で繋ぐリレー小説桃太郎【鬼の親玉編】

ぬまざわ

58分 (34,463文字)

69 115

あらすじ

【7人1組】桃太郎【連作短編】イベント用短編 詳しくはこちらへ→/_photo_view?w=23415085 ■Aチーム 1.篠宮あすかさん [link:crea_u?c=U2FsdG

タグ

感想・レビュー 4

まさしく、大作という名に相応しい作品。 リレー小説でありながら、一つの作品としてのレベルが高く、丁寧に書き込まれている。 未来とは、継続とは、鬼の親玉とは。 タカシとユウコの将来が気になる
ネタバレあり
9件
継続、そして未来。 お爺さん編で託した伏線を拾い上げ、見事に世界を作り上げた手腕に、感激しました! まさかの鬼編。 そして、鬼からは想像つかないプロジェクト。 中身の濃い、短編でした!
ネタバレあり
2件1件
4万文字の大作、Aチーム鬼編! すべてはタカシの計画の上だった…! ジャンルが童話からSFに! これまでの価値観が根こそぎひっくり返される展開。 鬼という種族は悪ではなく、好戦的でもなかった。
ネタバレあり
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る