我が名は瑞兆 -信長天下人への道-

「そなたを天下人に」父信秀の葬儀の朝、失意の信長のもとに自称『運勢を司る女神』が舞い降りたのだが……。

西田湊一

歴史・時代 連載中
7時間34分 (272,290文字)
メインヒロインはこんなですが、史実パートは真面目に展開します。

259 1,785

あらすじ

天文二十一年三月、織田信秀が没し、弾正忠家が大黒柱を失った葬儀の朝のこと。 「この日本の戦乱を終わらせ、そなたを天下人に」 手勢わずか八百の信長のもとに現れた白光の美女は、運勢を司る女神を自称するが…

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0