ラバーライセンス

 女子中学生みたいな同僚からダーリングと呼ばれていることについては、とくにない。

銀色モフリスト

恋愛 完結
1時間11分 (42,089文字)

4 2,543

あらすじ

 ラバーライセンスとは人を愛し、人に愛されるために必要な資格である。  ラバーライセンスの審査を担当するエージェントのシノノメは、飯迫飽太郎という中学生の観察を始める。  同じくエージェントのナグ

シリーズタグ

感想・レビュー 3

面白い!しかし決着つかずに終わっちゃったよう!続きを所望しますよう!!
ネタバレあり
2件
あれ?見慣れない子がいるな…(;゚;ω;゚;) そして削られてる部分と増えた部分がっΣ(´□`;)!! 両方知ってる私、なんだか、お得感!! そしてやっぱりどうしてもあのシーンで笑う(≧▽≦) 銀
1件
最初世界観が把握し辛く、 家庭環境、身体強度、顔面偏差値ごとに、 エージェントがラバーライセンス発行してたので、 恋愛すら国で管理するディストピアSFかと思ったが、 著者曰くファンタジックラブコメであ
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る