疼き ―番外編―

いつか失う恋だとしても、それでも僕は幸せだった。

あまの あき

恋愛 完結 過激表現
2時間17分 (81,992文字)
本文を読む前に、作品説明の注意書きをご一読いただくことをお勧めします。

567 1,232

あらすじ

※【疼き】の番外編になります。先に【疼き】を読んでいただくことをお勧めします。 全国展開しているエステサロンの本社事業部に勤務する安西貴一は、新年度から新しい店舗を担当することになった。 担当する

シリーズタグ

感想・レビュー 12

とても切なくて面白くて心に残りました。 彼は何で…とか、彼女はそれでいいの…なんて思いながら涙がでました。でも不思議と受け入れられる結末で、この後幸せになれていたらと願ってしまいます。 人は時に回
ネタバレあり
1件
切なかったです(T_T) もう読んでる最中、「安西、なんで?なにがダメ?!2人で幸せになってよー」と、何度思ったことか…! でもダメだったんですね。安西にははるなと一生を共にする事は出来ない事だったん
1件1件
やっぱりキツいなぁ(T_T) 安西は安西なりに納得して先に進むしかないけど… この後、安西はどうするの? 完全に忘れるんは無理やとしてもまた恋は出来るの? 幸せになれるの? 先が気になります。 どうか
1件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る