四月一日の女王

悪ふざけの代償は厳しいものでした

耄碌愚人

8時間46分 (315,289文字)

716 517

あらすじ

ニ0一九年、春。中部地方のベッドタウン、 明智市地域活性課は揺れていた。 不祥事、ボンテージ、爆弾事件。 ハッキング、偽造、裏工作。 談合、不正取引、キワドい台詞。 あの…… まだなにか起こるんで

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品