慶鱗伝 一巻

架空の大陸を舞台にした中華風ファンタジー。

達也

ファンタジー 休載中
2時間7分 (75,686文字)
序章、変えてみました。

29 764

あらすじ

神獣慶飛はある空が気に入り、何万年も昼寝をしていた。 慶飛の体を覆う硬い鱗は海に落ち続け、やがて一つの大陸が海に浮かび上がった。 この大陸に生命が誕生し、文明が産まれ、やがて国家が造りあげられた。 架

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る