忠勝伝5巻《野焔の章》

「父上、天下をお取りください」呟いた瞬間、信康の双眸から涙が溢れた。

達也

歴史・時代 連載中
1時間34分 (56,320文字)
忠勝伝5巻でございます。

170 1,016

あらすじ

 設楽ヶ原決戦で大敗を喫した武田勝頼は三河の領土をすべて破棄せざるおえない状況に追い込まれていた。 徳川家康は三河に続き、遠江の失地回復に乗り出す。 徳川、武田。激戦続くさ中、武田家軍師真田昌幸は内側

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る