半夏生

夏になると、いつも思い出す。浴衣を着た君の白いうなじは半夏生に似ていた。

菊池 策

恋愛 完結
8分 (4,670文字)

93 191

あらすじ

「半分の夏を生きるって書くんだよ」 君がそう教えてくれたね。 これは半分の夏を生きた君と僕の物語。 *************************** 閲覧・応援ありがとうございます。

シリーズタグ

感想・レビュー 3

何気ない日常に起こっている奇跡に気付かされる作品でした。 最後のアスファルトに三人の影が映ったシーンではおもわず涙腺が緩みました。 素敵な作品を読ませて頂き誠にありがとうございます(((o(*
ネタバレあり
1件1件
遠い記憶に残る甘酸っぱい青春と夏の柔らかな匂いを感じさせてくれる作品でした。 主人公の語るひとつひとつが優しく綴られていて、あの頃の記憶と現在を結びつける半夏生の描写(ここでいう描写というのは半夏生
1件2件
何気ない日常の、何気ない幸せが本当に心に染みる作品でした。 全米が涙した、みたいなものよりも今はこういうものが染みるのだな、と思わせていただきました。「帰る!」と君が口にしたところで、泣いてしまいまし
ネタバレあり
1件1件