猫被りの夜に

その他>幻想文学/全7ページ

13 64

5分 (2,929文字)

あらすじ

  誰にも言えない話がある。 だけど内緒で――そうだな、猫になら。 猫になら、聞いてもらってもいいと思うんだ。 ■■■■■■■■■■■■ ねこじゃんイベント参加作品 ~流れ~ 参加表明&

感想・レビュー 8

構成の鬼(と、僕が勝手に呼んでいる)パクチー食えないさんの、幻想文学――かなり期待して読ませていただきました。 純文の詳細カテが少し寂しいので思いつくままに幻想文学とかを設定したのは僕ですが、そも

※このコメントはネタバレを含みます

懐かしき 故郷(さと)より届く 一品に 宿る秘密は 猫、持ち去りぬ。 感想を歌に詠み、 レビューコメントとさせていただきました。
もっと見る

その他情報

公開日 2016/11/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る