感想・レビュー一覧 6件

古代(あとがきに拠るとメソポタミア)を舞台にしたファンタジーです。 第一王子の若き英雄シュギルと、竜神への生贄となるはずだった少女ルリーシェの純愛ストーリーが主軸となっているのですが、母違いの可愛い第
ネタバレあり
2件2件
美しい光景を想像させてくれる描写がとにかく魅力的で、またキャラクター達もとても個性的で、その世界を頭の中に浮かび上がらせるのが楽しくて。 楽しんでいる内に、物語にも入り込んでいました。 一目で心を動
ネタバレあり
4件3件
読み始めてからすぐに好きな世界観だと思い追いかけさせていただきました。 シュギル、カルス、ルリーシェは勿論、他の人物もとても丁寧に書かれていて読んでいると脳裏に映像が浮かんできました。 風景の表現が
ネタバレあり
2件2件
命を懸けて得た、ただひとつの愛。 何もかも持っている(かのように見える)王子シュギルが、自分の持つすべてを捨ててさえ手に入れたいと願った、生け贄の少女ルリーシェ。 二人の邂逅からシュギルの企み、
ネタバレあり
4件2件
王国の第一王子として生まれたシュギル。 才知溢れ、その姿は美しく、黒き闘竜と呼ばれる程。 誰しもが羨む非のない彼の運命を変えたのは、『身分違い』と言うにはあまりにもかけ離れた生贄の娘ルリーシェでした
2件3件
まだ更新途中ですが、堪らずレビュー失礼します。 王子シュギルと、生贄の美少女ルリーシェ 冒頭の、運命の出逢いから、作者様の繊細な描写が美しすぎます。 シュギルのせつない生い立ちと繊細なキャラクタ
ネタバレあり
4件3件

/1ページ

6件