孤高の連弾譜

それは青春の痛手のようなもので。『屋上倶楽部シリーズ』第二幕。

31 107

2時間40分 (95,409文字)
今回は文化祭に関するお話です。前回と異なり連作短編ではなく長編の形式となっております。お楽しみいただければ幸いです。

あらすじ

【完結】 田中郁美の因縁の相手、久我との決闘を終えフミアキの日常には穏やかな日々が訪れていた。 事件は解決したものの、フミアキは自らの青春はまだまだ灰色であることを悟る。 そんな折、文化祭を前に

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/4/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る