時計回りの時限装置

明日の自分に期待し続け、ここまで来てしまった。『屋上倶楽部シリーズ』第一幕。

冨森駿

2時間46分 (99,590文字)
数あるエブリスタ作品の中から見つけていただきありがとうございます。少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。

318 4,215

あらすじ

2015/11/3【完結】 2017/4/17 公募規定に合わせて『孤高の連弾譜』以降を別作品として切り離し再編。本作に新章『ただ春の昼の夢のごとし』『そして、日常への収束』を挿入のうえで再公開。

シリーズタグ

感想・レビュー 9

放課後屋上倶楽部. 本作品ではその名の通り、放課後の屋上に集う学生の面々が繰り広げる日常の謎への推理の応酬が描かれる。 ハウダニット(トリック)、ホワイダニット(動機)そして、フーダニット(犯人)
1件3件
文章であったり、登場人物の魅力であったり、展開であったり、そういった内容の話をするのはとても苦手なので割愛しますが、この作品を読んで感覚的に受け取ったものは、「美麗」という印象でしょうか。 矛盾のない
1件2件
 たいへん面白かったです。  リーダビリティに溢れた文章、親しみを持てる主要人物たち、魅力的な謎、全体的に明るい雰囲気等、読んでいて楽しかったです。読んでいて思っていたことがエピローグで示されて、非
ネタバレあり
4件12件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る