特集

君だけをずっと

君の気持ちがもう僕に無くても、最後まで君の前では笑っていようと決めたんだ

藍香(不在中;)

BL 完結 過激表現
3時間16分 (117,336文字)

1,869 1万

あらすじ

「お前だけをずっと愛してる」 その言葉だけを信じて縋って来た。 なのに。 君の気持ちがもう僕に無くても それでも僕はずっと君だけを愛してるんだ。 ※こちらBLです。 ご理解の無い方はページを捲

感想・レビュー 14

こんなに泣いた小説は初めてでした。

題名からもう、うるっときて途中からは涙がとまりませんでした。両思いなのにすれ違いから本音を言い合えていない姿はただただ切なかったです。 ※あくまで私がそう感じたので違うと感じる方もいらっしゃるかと思い
3件
藍香様の作品では2度目のレビュー書かせていただきます。 私がこの物語に出会ったのは完結してからですが最近まで合わせて6回は繰り返し読ませていただいています。 ふと読みたくなり読んで泣いてまたふと読
18件2件
途中から号泣しながら読んでいました。こんなにも強い愛の形があるんだなと。 胸が締め付けられるような想い。2人共お互いを強く想う余りに、怖くなっちゃう心情が何とも切なかった。余韻に浸りながら今夜は眠りた
14件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る