あいのうたは鳴り止まない 前篇 ~大須なもなもイレギュラーズ~

届かないと分かっていても  果てしなく遠くても  ぼくはきみの背中に手を伸ばす

766 2,183

青春 完結
27分 (16,143文字)

あらすじ

神様に裏切られたような気分だった。 *** わたしがギターを始めた高校時代。 猫背で、あまり学校に来なくて、話しかけるとへラッと笑う先輩は、いつもギターケースを背負っていた。 ギターを弾く時

タグ

目次 4エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/6/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る