特集

化け物の消息

顔は人間、体は大蛇。おぞましい姿の化け物が、人間の処女を襲う。

狭山直人

現代ファンタジー 連載中 過激表現
28時間31分 (1,026,494文字)
残酷な場面や過激な性描写があります。ご注意をお願い致します。

1,083 9万

あらすじ

さまざまな時代で、人と化け物のかかわり合いを綴った短編連作です。 『喰われるも地獄、喰われぬも地獄』 主人公は、あくまでも人。 人の内なる狂気こそ、真の化け物ー。 表紙画は大好きなイラストレ

感想・レビュー 15

裏と表の表現

丁寧な書き方と伝え方が読んでいて面白いです。ドラマのような構成も次を読みたくなるファクター。文字を追い始めると止まらない。
1件1件

万華鏡のような

ホラーである。 けれども、ファンタジーでありヒューマンであり、歴史ものでありミステリーでもある。 手を動かすたびに色も模様も変わっていく、まるで万華鏡のような作品。 扱っているテーマと出てくる「バケモ
1件1件

驚愕

想像を大きく超えてくる化け物の顔に 完全に引き込まれた しかしどこか馴染みのある不気味さ 実際の不審者達もこの作品に描かれた化け物に 重なって見えたからか。
1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0