戦国人生 下巻

四人の戦国人生が新たな歴史に刻まれる。

佐十

6時間23分 (229,731文字)

1.7万 16万

あらすじ

この物語は日本の戦国時代を舞台にしたフィクションです。 気の向くままに、窃盗・喧嘩等に明け暮れていた高校一年生の四人組が飛ばされた先は1548年の日本だった。 不良の烙印を捺された四人の、有り余っ

シリーズタグ

感想・レビュー 70

なぜ面白く読めたのか

読めば読むほどに味がある小説でした。自分でも歴史小説を書きたいと思っても、全然面白くないのはなぜだろう。真面目過ぎるのか、自分勝手な思い込みのせいなのか。と考えた時に、氏の小説はヒントになりました。私
1件

完結おめでとうございます!

モバゲー時代から読ませていただき 約10年以上、毎日更新を楽しみにしてました。 サブタイトルだけの更新の日は少し残念だった事もいい思い出です。 未だに完結して数日経ったにも関わらずつい癖で更新してな
3件

ありがとうございました!

小学生の時に出会ってからずっと読ませていただいておりました。 この作品に出会えて、私は本当に幸せだったと思います。 長い間、お疲れ様でした。 そして、この作品と出逢わせて下さり、本当にありがとうござい
2件
もっと見る

この作者の作品