その声が聞きたい

寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー

午後野つばな

BL 完結 過激表現
3時間7分 (111,803文字)

979 5,316

あらすじ

人の心がわかってしまう妖怪のさとりは、いつもひとりぼっちだった。 さとりは自分の姿が他の妖怪たちの目に入らないよう、鼻の下あたりまで伸ばした長い前髪にその顔を隠して、いつも足元を見つめていた。 そん

感想・レビュー 4

最初から最後まで一気に読破してしまいました。 そうすけを想うさとりの心情が丁寧に描かれていることで、まるで二人を側で見守っているかのような気持ちになり、ハラハラしたりドキドキしたり、涙したり…。物語の
3件1件
さとり…とゆう妖怪と人間のそうすけ。 どうしたらこんなに純粋なまま大人になって、恋愛できるんだろう? ってぐらい、可愛すぎるカップルでした。(*≧∀≦*)ww ホッコリ☆ニヤニヤ☆ 夜中に破顔
1件3件
心が優しくなる魔法をかけられたようなお話でした。 健気で純粋な「さとり」の可愛さと、育ちのよいまっすぐな「そうすけ」の優しさと、どちらも愛おしくて、二人の恋を心から応援したくなります。 きらきらと透き
4件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る