お嬢さんを一目見てからずっと、 月が綺麗すぎて苦しいのです。

「――先生がそう言うなら、私死んでもいいわ」

篠原愛紀/八生愛綺

恋愛 完結
9分 (4,918文字)

49 695

あらすじ

在りし日の、女学生×孤独な小説家

感想・レビュー 1

このお話、すごく好きです。 美しい月夜の情景をバックに交わされる、バイタリティーあふれるお嬢さんと物静かな先生のやり取りにクスッと笑って、そして胸が温かくなりました。 漱石と四迷の訳を知らない方で
ネタバレあり
7件1件

この作者の作品

もっと見る