神様の愛した猫

ちょっぴり苦くちょっぴり切ない物語

彼岸花

青春 完結
26分 (15,487文字)
ご迷惑をおかけしますが少しずつ修正をかけています。

17 332

あらすじ

大学生である僕は彼女との出会いによって大きく変わることになる。そこから始まるのはちょっぴり苦く切ない物語。 少し変わった僕と彼女の世界が猫で廻る。

感想・レビュー 3

幻想的な雰囲気に、宮沢賢治という言葉がとても似あうなと思いました。
1件1件
主人公は大学のサークルで1人の少女と出会う。 合宿の天体観測で少女は生きること、死ぬことの意味を問いかける。 そして車に轢かれたネコ。 それが1つに繋がったとき物語はひっくりかえる。 彼女と過ごし
1件1件
鳥肌がたちました。 生と死にを深く考えること、 自分自身を深く見つめることの大切さが、 美しい文章で表現されています。 最後には、荘子の「胡蝶の夢」を彷彿とさせる、なんともいえない不思議な感覚。 こん
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品