人形(ひとがた)の恋

叙述ミステリ

永戸 拓也

27分 (15,786文字)
ラスト1ページにどんでん返しあり。

15 380

あらすじ

日野里子という明治時代の女流作家の 書生になった男。 彼の目的とは? ラスト1ページで明かされる予想外の展開とは?

感想・レビュー 2

なるほど、確かにどんでん返しがありますね。 そうですか、最後は悲劇となりますか。 語りも上手くて楽しかったです。 ありがとうございました。
ネタバレあり
1件
ウマイ!ーーそのひとことにつきる。 これほど巧みな作品は、なかなか、お目にかかれません。 作中に出てくる、あの人物の生前に書き残した未発表作品と言ってもいいくらい、完璧な筋運びに、文体模写でした。
ネタバレあり

この作者の作品