特集

報酬としての断罪

2017年 忘新年会企画【帰り道を探して】参加作品

有月 晃

11分 (6,344文字)
【短編 No.14】わりと本気の経済小説だったりします。

7 24

あらすじ

その空間にはいつも、悲喜交々の喧噪が満ちていた。 オフィス街の中心部にあって、一際目を引く高層ビル。その上層階を占有する中堅投資銀行のディーリングルーム。 フロア一面に所狭しとデスクが並び、夥し

感想・レビュー 2

みんなで作ったおすすめ作品特集に載っていたので、読ませてもらいました。 外貨為替のディーラーである主人公が、仕事に没頭するあまり、育児疲れを苦に自分の妻が自殺してしまうなど、実際の社会問題が描か
ネタバレあり
2件2件
(応援) 再読いたしました。台詞の裏に隠された念密な現実の構築が、作品の中で起こっている出来事のリアリティを凄まじいものにしています。 クリスマスも外貨為替市場に費やす彼は、家庭も顧みず、没頭した果て
1件1件

この作者の作品

もっと見る