雪月花

 其れは、不器用な一人の侍が抱く、唯の覚悟の物語

8 159

2時間23分 (85,784文字)
その昔、なんとなく想いのノった勢いで書きました。稚拙ですがよろしくお願いします。

あらすじ

 それは、慶安二年の冬、北のとある小藩でのことだ。  そこには、藩主護衛役役頭・阪崎(さかざき)龍田(りゅうだ)という男がいた。剣をのみ己を高める手段とし、剣にのみ喜びを見出してきた龍田。しかし、ある

タグ

感想・レビュー 1

 読了しました(=゚ω゚)ノいや、ホントにかっこよかったです(#^^#)  小説は言うまでもなく、映像や作画には頼れません。言葉が全てです。  心の動きに関しては、小説が一番のツールだと思います。

その他情報

公開日 2018/2/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る