斬骸《ザンガイ》

新たなる魔法時代の到来により、意義をなくした剣と向き合う1人の剣士の物語。

18 362

14分 (8,059文字)
超妄コン『新しい〇〇』入賞作品。読んでいただける皆様に感謝します。

あらすじ

ブランという国があった。 戦の中にあったその国では、多くの剣士が活躍していた。剣士達は国の希望であり、それこそが剣士達の剣を握る意義だった。 しかし、ある日、攻撃魔法の実用化により、剣士の意義は一

シリーズタグ

感想・レビュー 6

 答は出ない。安易な答なら出せそうな気もするが、そのような簡便な答には飛びつかない。そんなしぶーい、シリアスファンタジーの短編です。
時代を問わずアナログとデジタルとかあらゆる物事に置き換えて読める深い作品です。
これは書籍化して、世に出すべき傑作。 金を払って読むレベルです。 神尾さん、今後仲良くしてください(≧▽≦)
もっと見る

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る