逃避行

雨の夜、国境近くの古宿にたどり着いた二人連れの客。彼らの事情とは

佐宗 操

BL 完結 過激表現
28分 (16,689文字)

155 1,307

あらすじ

雨の夜、国境近くの峠の古宿に辿りついた二人連れの客……。 どことなく孤高の色を纏う長身の男と、そのマントの内側に庇われるように立つ、見目麗しい「連れ」。―――彼らの抱える事情とは? 第三者視点か

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る