すべての星が燃え尽きるとき

「星」を持つ人、持たない人が見るそれぞれの世界

杉背よい

SF 完結
10分 (5,559文字)
SF風の短いおはなしです

1 19

あらすじ

「星」を持ち富裕街に住む人々と、「星」を持たない人々が集まる裏町の存在する世界。 生まれながらに「星なし」である私は、裏町にふらりと現れた青年ヴァルと偶然出会う。 この世界を支配する「星」の意味とは。

タグ

感想・レビュー 1

星を持って生まれる者と、そうでない者がいる。 星を盗る者がいる。 そこで一気に惹きつけられました。 星って何だろう? 星についての謎があまり明かされないままのシュールな幕引き。 それだけに一層星の不
1件3件

この作者の作品