彼岸剣 曼珠沙華

それは、曼珠沙華の花弁のようだった――

筑前筑後

6分 (3,404文字)

3 12

あらすじ

十年前、父が死んだ。要人の警護に失敗した上の死だった。 父は、胸を一突きされていた。その刺し傷から広がった血は、まるで曼珠沙華が花弁を広げたようだった。 あれから十年。神林宗次郎は秋彼岸が来ると、あ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る