闇の足音

愛ゆえに、堕ちていくのだ。深く、深く、江戸の闇へ――。

筑前筑後

12分 (6,674文字)

9 118

あらすじ

幼馴染で、他家に嫁いだ糸と駆け落ちして、故郷の夜須から江戸に出た滝川藤兵衛は、用心棒稼業に精を出しながら、満たされた幸せの中にいた。その平穏な暮らしの最中、藤兵衛は糸の夫だった西春与一郎を、江戸で見掛

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

しっとりした筆運び

※他の読者様へ※この感想はネタバレ要素があります。 藤兵衛の心が次第に闇の方へとうごめいていく様、読みながら他人事には思えなかった。力なき者には見えない、力ある者の胸中と背景。彼らに運命の糸を操られ
1件1件

この作者の作品

もっと見る