妻恋剣 枝垂女舞衣

その秘奥、撃剣に非ず――

筑前筑後

8分 (4,397文字)

4 14

あらすじ

宝暦十年、皐月の朔。須藩祭祀奉行与力・野村重太郎は妻の喜佐と墓参をした帰り、不逞浪人に出会う。夜須藩では、浪人の流入は御法度。伊武派壱刀流の剣客である重太郎は見過ごせず、浪人に挑みかかる。その後の人生

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

9ページで完結は勿体ない。続きが読みたくなる内容でした。
1件1件
殺陣がカッコイイ! 藤沢周平っぽい! ここへ来ると、本格だぁ~っとうれしくなりますよ♪ エブにこういうの書かれる方少ないですからね。
1件1件

この作者の作品

もっと見る